ここから本文です

Superfly、プラネタリウムとコラボレーション

BARKS 8月9日(火)12時39分配信

2016年9月10日(土)より池袋・サンシャインシティのコニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine Cityにて、Superflyの楽曲を使用したプラネタリウム作品の上映が決定した。

◆『宇宙に咲く星たちへ Songs by Superfly』キービジュアル

Superflyの持つ独自のサウンドとメッセージが満天の星と融合した、新たなプラネタリウム作品『宇宙に咲く星たちへ Songs by Superfly』が誕生した。同作のテーマには“輝き”が掲げられ、ナレーションは俳優・高橋一生が担当するとのこと。2017年5月末までの上映予定だ。

なお、オンラインによる先行チケット販売が、8月11日(木)10:00より“満天”のWEBサイトにて開始される。


『宇宙に咲く星たちへ Songs by Superfly』
音楽:Superfly
ナレーション:高橋一生
会場:コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City
サンシャインシティ ワールドインポートマートビル屋上
上映期間:2016年9月10日(土)~2017年5月末(予定)
上映時間:11時の回、13時の回、16時の回、18時の回(約40分)
※9月10日(土)~11月15(火)の上映回。
※これ以降の上映回、料金などの最新情報はウェブサイトでご確認ください。
http://www.planetarium.konicaminolta.jp/manten/program/planetarium/autumn_16_2/

最終更新:8月9日(火)12時39分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。