ここから本文です

“卒業”みるきー有終の美、NMB48が13作目シングル首位 歴代5位

MusicVoice 8/9(火) 6:31配信

 人気アイドルグループ・NMB48の15thシングル「僕はいない」(8月3日発売)が、発売初週に30万4000枚を売り上げ、15日付オリコン週間シングルランキング(集計期間=8月1日―7日)で初登場1位を獲得した。

 8月9日のNMB48劇場公演でグループを卒業する“みるきー”こと渡辺美優紀が、1stシングル「絶滅黒髪少女」(最高1位:2011年7月発売)以来、自身2度目の表題曲単独センターを務めた今作。初週売上枚数は、前作「甘噛み姫」(2016年4月発売)の同23万枚を大きく上回る好発進をみせ、渡辺は卒業シングルで有終の美を飾った。

 NMB48のシングル1位は通算13作目で「ドリアン少年」(2015年7月発売)から4作連続。シングル1位獲得作品数は、AKB48(31作)、モーニング娘。(17作)、SKE48(15作)、乃木坂46(14作)に次いで、女性グループ歴代5位となる。

 5形態(通常盤Type-A~D、劇場盤)からなる今作全種のカップリングには、結成当初から“2枚看板”を張ってきた渡辺のために山本彩が志願して作曲、総合プロデューサーの秋元康氏が作詞を担当した“さやみるきー”名義のデュエット曲「今ならば」も収録。劇場盤には渡辺のソロ曲「夢の名残り」が収録されている。

 なお、NMB48は8月25日・27日に『NMB48 リクエストアワーセットリストベスト235 2016』、同じく26日に、グループの大黒柱である山本以外の全メンバーでおこなう初のコンサート『NMB48 コンサート2016 Summer~いつまで山本彩に頼るのか?~』を、いずれも神戸ワールド記念ホールで開催する。

最終更新:8/9(火) 6:31

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]