ここから本文です

「ポケモンGO」人気で中古スマホ販売急増。“専用機”を求めるユーザーたち

ニュースイッチ 8月9日(火)7時28分配信

ゲオは2倍に。1万―2万円程度の手頃な価格の機種がよく売れる

 任天堂などが開発したスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」の国内配信が7月22日に始まってから、中古スマホが売れている。バッテリー切れなどを嫌って、仕事やプライベート用とは別に、ゲーム専用のスマホを買い求める人が増えたとみられる。

 ポケモンGOは、スマホの全地球測位システム(GPS)機能を利用して街中を歩きながら、画面上に表示されるキャラクターを捕まえるゲーム。常にGPS機能などを使うため、バッテリーの消耗が早まる。

 DVD・CDレンタルのゲオ(名古屋市中区)は中古スマホの販売も手がけており、ポケモンGOを快適に遊べる機能を持つスマホの売上高が国内配信後の10日間で前年同期の2倍に増えた。「専用機を求めるユーザーが増えているとみられる」(モバイル企画課)と言い、ポケモンGO対応スマホの本体価格を10%引きにするキャンペーンを通じ、さらなる需要喚起を図る。

 ブックオフコーポレーションでは、国内配信開始後に中古スマホの販売が急増。スマホなどを扱う直営店で、7月1―29日までの売上高が前年同期比66%増となった。同社は「1万―2万円程度の手頃な価格の機種がよく売れており、用途を限定して使うニーズがあるのでは」(広報グループ)と分析している。

最終更新:8月9日(火)7時28分

ニュースイッチ