ここから本文です

関空は過去最高71.4万人 夏の国際空港利用者が1~2割増、就航や増便などで

乗りものニュース 8/9(火) 6:00配信

成田は就航や増便で利用者1割増

 国内の国際空港各社がこのほど、今年の夏季期間(8月10日~8月21日)における国際線の旅客数予想を発表しました。

 成田空港の利用者数は昨夏以降の就航や増便により、前年同時期と比べおよそ1割増え、出国が56万9700人、入国は52万5800人と予測されています。ピークは、出国が8月11日(木、祝)で5万5000人、入国が8月15日(月)で4万7700人。ハワイ、グアムなどのリゾート路線や台湾などの近距離路線が比較的人気といいます。

 羽田空港は出国が28万600人、入国は27万4400人で合計55万5000人(前年同時期比20.7%増)の利用が見込まれています。出国のピークは8月11日(木、祝)で2万6000人、入国のピークは8月21日(日)で2万4600人です。

 中部国際空港(セントレア)は定期便と臨時便、チャーター便をあわせた便数が前年同時期より68便増え624便に。予約総数は、出国が9万7900人、入国が9万5300人で、出入国あわせて対前年同時期比15.5%増という状況です。出国のピークは8月14日(日)で9500人、入国のピークは8月21日(日)で9400人と見込まれています。

 方面別予約数では、中国への出国が最多の2万5500人で、ヨーロッパ、中東方面は昨年同時期より2500人減の6800人で最も少ない状況です。

関空は過去最高を見込む

 関西国際空港は、夏季期間でこれまで最高だった2015年度を上回る71万4700人の利用が見込まれています。出国は前年同時期比10%増の36万4900人、入国は15%増の34万9800人で、方面別では中国、韓国、台湾がトップ3にランクイン。出国のピークは8月11日(木、祝)、同じく入国は8月16日(火)の見込みです。

 関西エアポート 広報グループは、夏季期間の利用者が過去最高を記録しそうな背景について「外国人旅行客の増加が続いている中で、日本人旅行者の利用が重なることが考えられる」としています。外国人は中国や韓国、台湾、香港などアジア圏が多いそうです。

 海外旅行者数は2012年の1849万人から減少傾向にあり、2015年は1621万人でした。一方、日本を訪れる外国人は増加の一途をたどっており、2012年の836万人から2015年は倍以上の1974万人が来日しています。

 空港各社は、夏季期間中は保安検査場などの混雑が予想されることから、時間に余裕をもって早めに空港に来ること、また、駐車場も混雑が予想されるため、公共交通機関の利用を推奨しています。

乗りものニュース編集部

最終更新:8/9(火) 6:30

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。