ここから本文です

園児たちも体験 打ち水の効果は/富山

チューリップテレビ 8/9(火) 9:35配信

 連日、暑い日が続いていますが、涼しさを感じられる話題です。

 富山駅の北口で、経済団体と地元の園児たちが、『打ち水』を行いました。富山経済同友会は、より多くの人に環境問題について考えてもらおうと、2005年から毎年この時期に『打ち水』を行っています。
 8日は富山経済同友会の役員となでしこ保育園の園児たちが井戸からくみ上げた冷たい水を歩道にまきました。
 『打ち水』はまいた水が蒸発するときにまわりの熱をうばうため、気温が下がります。
 8日も、『打ち水』をおこなう前に37・7度と表示されていた温度計が、『打ち水』の終了後には、開始前より2.2度下がり35.5度になっていました。

 「水がパシャってなるところが楽しかったです」「気温が下がったところとかどういう感じで下がったとかそういうところがたのしかったです」(園児)

チューリップテレビ

最終更新:8/9(火) 9:35

チューリップテレビ