ここから本文です

レネー・ゼルウィガー、容姿に対する報道を痛烈批判

ELLE ONLINE 8月9日(火)19時34分配信

「ハフィントンポスト」にエッセイを寄稿、「2014年10月にタブロイド紙は私が目を整形したと報じました」と切り出したレネー・ゼルウィガー。「それは問題ではありません。日々タブロイドが生み出しているたくさんの汚らわしい記事が一つ増えるだけだから」と言いつつ「このようなくだらない報道やレッテル貼り、誤解だけがエンタメを限定し、もっと重要で議論が必要な主流の報道を押しのけてしまったらどうなるのでしょう」とマスコミの姿勢を手厳しく批判。


美容整形肯定派&カミングアウトする人が増加中? ハリウッドセレブに本音をASK

このエッセイを書いた理由は「私がみんなにいじめられたからではありません」というレネー。「整形の記事によって、自分自身を受け入れることや、年をとるにつれて女性が受ける外見に関する社会的なプレッシャーに関するニュースに私が使われてしまったから書いた」「タブロイドの憶測が正統な報道の話題になることが問題」と綴ったそう。

「歴史的に、女性が外見で価値を判断されてきたことは周知の事実」というレネー。「人を侮辱するような報道や残酷なレッテル、間違った情報が繰り返し、絶えず報道されることは無害なこととは言えない」「私たちは社会的な本当の課題について、どうすればよりよい行動がとれるのかについて、話すことができるはず」と主張。先月もジェニファー・アニストンが同サイトでマスコミの姿勢を論じるエッセイを発表したばかり。セレブたちからの問題提起の動きはまだまだ盛り上がりそう。
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:8月9日(火)19時34分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。