ここから本文です

帰省シーズン到来 交通費の節約テクニックと帰省できなくても良好な関係を保てる心遣い。

マネーの達人 8月9日(火)5時10分配信

結婚し、親元を離れて生活している場合に問題になるのが、実家との付き合い方です。

実家が遠くにある場合、家族全員の交通費をどう捻出するかが重要な問題になります。そこで、交通費の節約も踏まえ、実家との付き合い方を考えてみました。

交通費を節約するテクニック

実家に帰る場合、交通費は節約したいですよね。効果的な方法はないのでしょうか。

■株主優待券を使う

交通費がかかる乗り物の代表格は、新幹線と飛行機でしょう。夫婦2人+お子さん1人という組み合わせのご家族であっても、往復の交通費を賄うとかなりの金額になります。

そこでおすすめしたいのが、株主優待券を使うことです。各社の内容を大まかに表にまとめてみました。

■株主優待券はどこで手に入れる?

株主優待券は株主でなくても、入手・利用できます。金券ショップ、ネットオークション、フリーマーケットに出回っているので、こまめにチェックしてください。その際は、信頼できる業者・出品者から入手しましょう。

実家に帰らなくてもできる付き合いとは?

時間と予算の関係で実家に帰れない場合、関係を悪くしないためにはどうすればいいのでしょうか? 方法を考えてみました。

■パソコンのビデオ通話を使う

離れていても、互いに顔を見て話すのはとても大事です。パソコンのビデオ通話を使えば、いつでも都合がいい時間に顔を見ながら話せるので、お子さんの様子も伝えやすいでしょう。積極的に導入を考えてみてください。

■手紙や贈り物のやり取りをする

例えば、「これを家族に食べさせてあげたい」と思えるものがありますか? 地方発送を受け付けていたら、機会を見つけて実家に送りましょう。その時に、手書きの手紙を付けると喜んでもらえる確率は高いです。

また、贈り物がなくても、手書きの手紙をもらってうれしくない人はいないもの。お金もかからず、ちょっとした手間をかければできる心遣いです。

まとめ 結局、大事なのは?

結局、実家との付き合いで一番大事なのは、帰省の頻度ではなく
「離れているけど、いつも気にかけている」
という姿勢を見せ続けることかもしれません。

帰省できるときは交通費の節約に努め、そうでないときは、ビデオ通話や手紙・贈り物で心遣いを示しましょう。関係はぐっと良くなるはずですよ!(執筆者:菊地 美亜)

最終更新:8月9日(火)5時10分

マネーの達人