ここから本文です

カルソニックの優勝で「GT-R」が開幕4連勝!【スーパーGT 第5戦・日産レポート】

オートックワン 8/9(火) 12:04配信

全国的に猛暑に見舞われた8月7日(日)、富士スピードウェイにおいて「スーパーGT 第5戦」が行われ、ポールポジションからスタートした#12 カルソニックIMPUL GT-R(安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)がトップを快走。全く危なげない韋駄天ぶりで優勝を飾った。

>>スーパーGT 第5戦 フォトギャラリー

開幕戦の岡山と5月の富士で #1 MOTUL AUTECH GT-Rが2連勝 を飾ったのを皮切りに、前回のSUGOでは #24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rが優勝 したのに続いて、「Nissan GT-R NISMO GT500」の連勝記録は4に伸びている。

日産レースレポート

前日の公式予選日から猛暑となり、決勝日も早朝から暑いコンディションとなった富士スピードウェイ。決勝レースも、最後まで猛暑の中での戦いとなった。静岡県警の警察車両が先導するパレードラップは予定通りに始まり、GTカーの隊列がローリングラップを回った後、14時42分にスタートが切られることになった。

ポールスタートの#12 カルソニックIMPUL GT-Rは、スタートをオリベイラが担当。見事なスタートダッシュを決めてレースをリードする。レース序盤はこれに、それぞれ2番手と3番手のグリッドからスタートした#46 S Road CRAFTSPORTS GT-R(本山哲/千代勝正)と#1MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が追走していくも、84kgのウェイトハンディを搭載している1号車を従え、12号車と46号車が2台で先を急ぐ態勢となった。

その2台のうち、少しペースが速かった12号車は少しずつ46号車との間隔を拡げていく。スタートから20周を過ぎ、12号車のリードが11秒余りとなったところでコース上にアクシデントが発生。落下物排除のためセーフティカーがコースインすることになった。これで12号車のリードはリセットされたが、24周を終了したところでセーフティカーがピットロードに向かい、レースが再スタートしたとたんに、46号車との間にいたバックマーカーを使い、12号車は再び数秒のリードを築くことになった。

33周を終えたところで12号車はルーティーンのピットインを行い、オリベイラから安田に交代。後半のスティントを担当する安田は、ピットアウト直後から猛プッシュし、前の周にルーティーンピットを行った46号車とのギャップを拡げていった。

そして46号車が戦列から去った後、47周目以降は2位との差を20秒以上に保ったまま周回を続け、文句なしのポール・トゥ・フィニッシュで今季初優勝を飾った。

1/4ページ

最終更新:8/9(火) 12:05

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。