ここから本文です

ジゼル、リオ五輪の開会式は「私の人生で最も長いランウェイ」

ELLE ONLINE 8月9日(火)19時40分配信

ジゼルはボサノヴァの名曲「イパネマの娘」をBGMに、ブラジル人デザイナーのアレキサンドレ・ヘルコビッチのドレスを着て登場。20年のキャリアを誇るベテランモデルのジゼルだけれど、インタビューではナーバスになっていることを告白。「私にとって人生で最も長いランウェイよ。これまでで一番たくさんの人が見るのは確実だと思う。多少緊張していると言わなくてはいけないわ」「私の母国にとって特別な瞬間だし、このような特別なお祝いに招かれたことを、とても謙虚に受け止めている」と語っていたそう!

【画像】リオ五輪開幕記念! アスリートの勝負ネイル総覧


ちなみに今回のオリンピックでは後輩のブラジル人モデル、アレッサンドラ・アンブロジオとアドリアナ・リマもリオ入り。2人は聖火ランナーとして開会式に向けて高まるムードを盛り上げ、開会式は観客席から声援を送っていたそう。でもなんとジゼルの夫、トム・ブレイディはリオに来ていなかったとか。またしてもジゼルとトムの夫婦危機説が浮上してしまいそうだけれど、トムは「トレーニングキャンプの真っ最中だから行けないんだ」と数週間前に語っていたそう。

今回を最後に、本当にランウェイを引退するジゼル。ちょっぴり寂しくなるけれど、あの超長いランウェイはスーパーモデル、ジゼルにとって過不足ない最後の花道になったはず!
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:8月9日(火)19時40分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。