ここから本文です

京都の“レア”に引き寄せられる、ポケモントレーナーと御朱印ガール

日刊工業新聞電子版 8月9日(火)20時0分配信

“レア・ポケモン”と“レア朱印”

 夏休みの旅行シーズンで、海も山もにぎわっている。京都も例年以上の人出だ。洛中洛外の観光スポットには国内外から人、人、人。

 仕事の移動で祇園を横切る。神社仏閣に料亭、京都最大の花街に芸舞妓、土産物屋と、すべての観光要素が集まる最強スポットだ。皆がスマートフォンを構えて記念撮影かと思いきや、正体は話題の「ポケモンGO」。

 京都市内でも祇園は“レア・ポケモン”が獲得しやすいスポットだという情報がネットで飛び交っているとか。祇園を散策するのに観光に興味がないとは、なんとも不思議。

 同じスマホ片手でも別の一団がいる。地図を確認しつつ朱印帳を抱えて歩く「御朱印ガール」。神仏との縁の証として朱印を頂く。京都は屈指の朱印スポットだ。普通は墨痕に朱の印だが、祇園に近い六道珍皇寺では精霊迎えの六道まいりの時期に、紺紙金泥の金朱印という“レア朱印”を授与する。

 ポケモンも朱印も自分の足で現地を訪れて目的のものを集め、満足する。しかしその前に確認してほしい。参詣の意思なく社寺に立ち入ったり、記念スタンプのように朱印を扱ったりしていないか。一人前のポケモントレーナーや御朱印ガールになるにも、節度と礼儀が必要だ。

最終更新:8月9日(火)20時0分

日刊工業新聞電子版

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]