ここから本文です

研究者 落合陽一に聞くポケモンGOとフィールドコンピューテーション

SENSORS 8/9(火) 11:39配信

未来から2016年夏を振り返ると「ポケモンGOの夏だった」と称されることが容易に想像出来るほど、ポケモンGOブームが起きている。このポケモンGOを筑波大学助教 落合陽一氏に彼の博士論文のテーマである“フィールドコンピューテーション(Computational Field)によるユーザーインターフェイス“という観点から語ってもらった。

落合陽一氏も登壇!:『SENSORS FASHIONCODE WEEK』

今までもSENSORSでは落合陽一氏に世間が気にしているトピックの解説をお願いしてきた。例えば人工知能やコンピューターグラフィクスの祭典SIGGRAPHの研究動向など。今回はポケモンGOおよびこのムーブメントについて解説してもらった。

--まずは、落合さんのレベルを教えてください。

落合: 29になりました。移動時間はよくアプリを立ち上げてます。

--凄いですね、私はリリース以来毎日頑張ってプレイして、レベル22という感じです。どうやってレベルをあげているのですか?

落合: 筑波大は広いので常時歩行とあとは都内でのタクシー時の常時付けっぱなしで卵孵化です。あとは効率よく孵化タイミングと進化タイミングで課金アイテム。先週までSIGGRAPHで出張行ってたので、向こうでUber乗ってたのも効いたかも。

--なるほど。ポケモンを採取するだけではなく孵化と進化がポイントなのですね。さて、学者として、ポケモンGOおよびその現象をどのように捉えていらっしゃいますか?

落合: 今までにも位置ゲームやARのサービスなどはありましたが、今回はポケモンという世界的コンテンツのおかげで一気に壁が崩れたという感じを受けました。これから先、一気に行くなって感じ。みんな、物質的には存在しないポケストップを目で見えてるような振る舞いをしていますからね。 僕の東大時代の博論のテーマはフィールドコンピューテーション(Computational Field)によるユーザーインターフェイスの実現というもので、光や音のホログラムのことを研究していました。そういうようなユーザーインターフェイスの将来として、「他の場」、例えば、人がアンテナの周囲に集まってくることや虫のフェロモン分布なども含めて、計算機による場の計算で人や他の生き物自体もフィールドコンピューテーションの対象になると博論では論じていました。しかしながらまさかこんなに早く実装されてくるとは思いもしなかったので、やられた! という感じです。研究するなら今しかないですね。

--ポケモンGO後、ゲームを始めとするデジタルソフトと人々の行動のあり方はどう変わると思いますか?

落合: 今の世界にリアルとバーチャルという線引きはすでになくなっていて、すべてのものがリアル(現実)であり我々は今、物質(マテリアル)と実質(バーチャル)の境界線上のリアルを生きている。つまり、データが形になっていれば、物質的に存在しているかどうかは関係がない。どこで納得いく解像度になっていくのか、ということを人々が選択していくに過ぎない状態になっている。ポケモンは物質的には存在しないけど、実質的にはいるんです。街中を歩けば、出会うこともあるし、スマホを通じてアクセスすることはできる。 バーチャルな体験は体験の解像度が低いから、実際の物質的なものに触れろという批判意見もありますが、しかし小学生が友達とどこか遠くに遠征して、ポケモンを捕まえに行った思い出は残るんです。コミュニケーションのツールになっていますし、夏休みにこう言う口実を利用して、遠くに遊びに行くのはいいことじゃないですか。現実の楽しみ方は人それぞれ、いい思い出が残ると思います。
あと、今回の一件で、人が物質を伴わない実質的なデジタルデータで右往左往することが示されてしまったので、デジタル世界から鑑みた、人の流動性は今後ますます向上していくんだと思いますよ。あとARグラスを作っている企業に対しては強烈な後押しになったかな、歩きスマホをするのは危ないってみんな分かったから。

--ありがとうございました!


何気なく楽しんでいるポケモンGOだが、研究者 落合氏の解説を聞き、我々人間が既にバーチャルとリアルが溶け込んだ世界にいることを実感した。たかがゲーム、ではなく人間の新しいビヘイビアを身をもって体感するためにポケモンGOを追究するのもSENSORS読者には向いているのではないか?筆者は早速ポッポをゲットした。

落合陽一氏には次回はファッションについて登壇し、語ってもらう。
8/16(火)19:00~20:15、テーマは『新しいファッション体験 ファッション×VR』だ。 詳しくは『SENSORS FASHIONCODE WEEK』を確認いただきたい。

最終更新:8/9(火) 11:39

SENSORS