ここから本文です

これが現代テロリストたちの使うソフトウェア。金に糸目をつけない周到ぶり…

ギズモード・ジャパン 8月9日(火)19時10分配信

よい子はマネしちゃダメよ…。

無法なテロ攻撃で世界を震撼させているイスラム国(ISIS)ですけど、その戦闘員たちのIT技術の高さが、このところ捜査当局の頭を悩ませてもいるようですね。匿名通信を可能にするTORの使用が必須なのかと思いきや、最近はTORをめぐる監視が厳しくなってきたのを察知して、実に多彩な別手段へと、素早く移行しているんだとか。

“ 暗号化通信ツールの開発者のうち、そのツールが犯罪者たちに向けたものではないと、きっぱり言い切れる人などほとんどいないはずだ ”

米国家安全保障局(NSA)のRichard Ledgettさんは、国家防衛とテクノロジーをテーマに開催されたDefense One Tech Summitにて、このようにコメント。世に出回る多くの暗号化通信ツールは、例外なく犯罪に利用され、テロ組織による利用も非常に多いことを明らかにしましたよ。

有名なものでは、後でメッセージを自動的に消去できる暗号化メッセージアプリの「Telegram」や、暗号化したメール送受信を可能にする「Hushmail」などがあります。登録なしで最大8日間だけ仮のメールアドレスを自由に使える「Yopmail」も、アルカイーダ系の組織で多用されてきました。パスコード入力を誤るとユーザーデータの即消去を実施するロックアプリや、自分の居場所を偽装する「FAKE GPS」といったツールも人気のようですね。

以前ならば、無料で簡単に使える仮想プライベートネットワークの「CyberGhost VPN」が、アルカイーダ系の組織で頻繁に利用されていました。しかしながら、ISの最近の傾向は、低価格を売りにしたようなVPNの利用は敬遠気味なんだとか。むしろ、高い月額料金を支払ってでも、VPN環境の確保には念を入れるテロ組織として有名なんです!

サイバーセキュリティ企業のFlashpointによると、近年のテロリストらのIT知識は非常に優れており、独自に開発した暗号化ソフトやプラグインなども次々とリリースされているとか。ここでリストアップされたような各種アプリやツールなんて、すでに一世代昔のもので、きっといまは知られざる新ソフトが流通しているのでしょう。せっかく捜査当局がIS戦闘員に人気のサービスを探知しても、もうとっくにその通信手段は没になっていて…というイタチごっこの世界でもあるみたいですね。

image by amaze646 / Shutterstock
source: Defense One
Carli Velocci - Gizmodo US

最終更新:8月9日(火)19時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]