ここから本文です

バーディ抑える姿にファーディナンドの姿を見た マンUの新加入DFが絶賛される

theWORLD(ザ・ワールド) 8月9日(火)11時40分配信

バーディ相手に上手く対処

今夏ビジャレアルからマンチェスター・ユナイテッドに加入したDFエリック・バイリーは、まだ世界的に名の知れたセンターバックではない。マンUはバイリーの獲得に3000万ポンドを費やしたが、それほどの価値がある選手なのかと疑っていた者もいたはずだ。

しかし英『Daily mail』は、バイリーが7日のレスター・シティ戦で実力を証明したと伝えた。バイリーは何度かレスターFWジェイミー・バーディと1対1でマッチアップする機会があったが、何とか対応。1度はペナルティエリア内への侵入を許してしまったが、鋭いタックルでボールを奪い取るシーンもあった。

同メディアはバーディが昨季のイングランドを代表するストライカーだったことに触れ、それを何とか抑えてみせたバイリーの姿に元マンUのリオ・ファーディナンドの姿を見たと主張。マンUの堅い守備が戻ってくることを期待している。もちろん22歳のバイリーにすぐファーディナンドと同じだけの働きを求めるのは酷だが、レスター戦ではその実力をしっかり発揮したと言えよう。

ファーディナンドとネマニャ・ビディッチで構成された当時のセンターバックは世界屈指の堅さを誇り、マンUを大きく支えることになった。バイリーがそこまで成長するかはまだ分からないが、ポテンシャルは間違いないと言えそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月9日(火)11時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]