ここから本文です

【動画】酷暑つづく 熱中症に厳重警戒(9日18時更新)

ウェザーマップ 8月9日(火)17時47分配信

ウェザーマップ

 10日(水)も広い範囲で晴れて、猛烈な暑さが続きます。熱中症には厳重な警戒が必要です。また、北日本の太平洋側では波の高い状態が続きますので、海のレジャーなどはご注意ください。

 10日(水)も高気圧に覆われて、各地で強い日差しが照り付けるでしょう。沖縄では朝まで雨の降る所がありますが、そのほかは午前中から晴れて、晴天の続く所が多くなりそうです。夕方以降は九州南部で雨の降る所がありますが、そのほかは夜にかけて、天気の大きな崩れはないでしょう。ただ、北日本の太平洋側では波が高くなっていますので、高波に注意が必要です。
 
 強い日差しと暖かい空気で、気温は高い状態が続きます。特に気温が上がりそうなのが、久留米(福岡)、佐賀、日田(大分)で38℃予想。山口、広島、岐阜でも37℃まで上がる見込みです。東日本と西日本では広く35℃前後で、仙台でも33℃まで上がりますので、暑さ対策は万全にしてお出かけください。(気象予報士・多胡安那)

最終更新:8月9日(火)17時47分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。