ここから本文です

AAA・宇野実彩子が見せた悶絶姿と頑張りに賞賛の声。「根性ありすぎる」「こっちが泣きそう」

E-TALENTBANK 8月9日(火)21時10分配信

8月8日に放送された日本テレビ系「有吉ゼミ」に、AAAの宇野実彩子が出演。その“頑張り”に賞賛の声が上がった。

この日は「チャレンジグルメに人気者参戦SP」と題して、デカ盛りなどの“チャレンジグルメ”に有名人が挑戦していった同番組。宇野は横澤夏子と共に「激辛ハンバーグ」に挑戦することとなった。

宇野はもともと、激辛で知られる唐辛子「ハバネロ」も平気でかじれてしまうほどの激辛好き。そのため、番組収録前には自身のTwitterで「これからお仕事で激辛食べてきまぁす」と笑顔の顔文字もつけ、余裕のツイートをしていたほどだった。

しかし、この日挑戦したのは、タネに中国産の赤唐辛子と山椒、ハバネロの粉末をふんだんに混ぜ込み、タバスコの20倍辛いデスソースをかけた超激辛“死神”ハンバーグ。さすがの宇野も一口含んだ途端「あ~!これは辛い!嘘でしょう!?」と汗をかきながら悶絶するほどのものだった。

さすがにこのチャレンジは断念か、とも思われたのだが、宇野は収録前のツイートに「ファンの子には激辛通で知られてるから、さっきもTwitterでつぶやいてきたんですよ。『激辛食べてくるね』って言ったら『宇野ちゃんなら余裕っしょ!』みたいなエールを贈ってきてくれたので、諦められない。頑張る!」とコメントし、その後も激辛ハンバーグを食べ続けた。

結局、こちらもまた激辛だった付け合わせを残すも、ハンバーグ自体は完食。スタジオからも感嘆の声が上がっていた。

この頑張りに視聴者も反応。Twitterでは「宇野ちゃんほんと頑張っててこっちが泣きそうでした」「頑張って食べてんのみたらなんか愛おしくなった笑」「宇野ちゃんすごいな、根性ありすぎる」「宇野ちゃんかっこいい!!!」「辛そうな宇野ちゃんの顔も最高に可愛かった」「ほんとに、宇野ちゃんのファン思いが伝わる」と絶賛のコメントが相次いでいた。

最終更新:8月9日(火)21時10分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。