ここから本文です

懐かしすぎて涙が。ラジカセ400台がオークションに出品される

ギズモード・ジャパン 8月9日(火)22時10分配信

おっさんホイホイのお時間ですよ。

ラジカセ。名前を聞くだけで、思い出が走馬灯のように蘇る、懐かしのガジェットです。

ニュージーランドに住むCraig Kentonさんは、大のラジカセマニア。しかしこの度、その貴重なコレクションをオークションに出品することにしたそうです。

その数、何と400台! しかも1台ずつではなく、全部まとめてですよ!

オークション開始時の価格は20,000ドル(約209万円)。Kentonさんによると、最も高価な20台だけでもそのくらいの価値はあるそうですが、あくまで「400台のコレクション」として譲りたいため、この価格に設定したとのこと。

Kentonさんは400台すべてのリストを公開していませんが、中には、こんな懐かしいラジカセもあるかもしれませんよ。

オークションは、現地時間の8月1日で終了とのことです。

image by trademe

source: Stuff.co.nz via Atlas Obscura

Darren Orf - Gizmodo US[原文]

(渡邊徹則)

最終更新:8月9日(火)22時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]