ここから本文です

“2000年に一人の美少女”滝口ひかり&欅坂46平手友梨奈の2ショットが反響

MusicVoice 8/9(火) 18:55配信

 アイドルグループ・dropのメンバーで、“2000年に一人の美少女”と称される滝口ひかりが、欅坂46でセンターポジションを務める平手友梨奈との2ショット写真を公開。滝口は「ものすごく可愛かった」などとコメントを付け、ファンから「最高のツーショット!」「2人ともかわいすぎる!」などと歓喜の声が挙がっている。

【写真】レコード店の一日店員を務めた平手友梨奈

 8日に自身のツイッターを更新した滝口。「欅坂46さんの平手友梨奈さんとお写真を撮っていただきました」と書き出し、平手との2ショット写真を公開。そして、「近くで見ても、ものすごく可愛かったです ありがとうございましたっ」と喜びに浸る心境をコメント。写真の中の2人は白系の服を着て、それぞれピースサイン。優しく控えめな笑顔が印象的なショットになっている。

 滝口は2014年に週刊プレイボーイが実施した読者投票でグランプリを獲得し、“2000年に一人の美少女”として話題を集める新たなスター候補。日本ツインテール協会のアイドルユニット・dropのメンバーとしても活動している。

 平手は、乃木坂46に続く“坂道シリーズ”の第2弾として結成された、欅坂46に所属し、デビューシングル「サイレントマジョリティー」でセンターポジションを飾り、2枚目シングル「世界には愛しかない」でもセンターを務めた。若干15歳にして異色の存在感を放つ有望株だ。

 この期待の新星2人が居並んだショットにはファンも続々と歓喜のコメント。滝口のツイッターに向けて、「保存ですな!」「この2ショはやばい」「あれ?天使?」「神すぎる」「俺得すぎる」「こりゃまた凄いツーショットだな」「わー!ふたりともめっかわ」などと歓迎の声を届けている。

最終更新:8/10(水) 10:11

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]