ここから本文です

ジョコビッチ 五輪ダブルスも早期敗退、ベスト8進出ならず<男子テニス>

tennis365.net 8月9日(火)14時31分配信

リオデジャネイロ・オリンピック

リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)は8日、テニスの男子ダブルス2回戦が行われ、シングルスで初戦敗退の波乱に見舞われたN・ジョコビッチ(セルビア)はN・ジモニッチ(セルビア)とのペアで第3シードのM・メロ(ブラジル)/ B・ソアレス(ブラジル)組と対戦したが、4-6, 4-6のストレートで敗れ、ベスト8進出を逃した。この結果、今大会でジョコビッチは単複で早期敗退となった。

錦織ら 男子シングルス対戦表

前日のシングルス1回戦では元世界ランク4位のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)に6-7 (4-7), 6-7 (2-7)のストレートで敗れ、初戦で姿を消した。

この日は地元のメロ/ ソアレス組に3度のブレークを許し、1時間13分で2回戦敗退。

今大会前に出場したロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)では決勝で錦織圭(日本)をストレートで破り、マスターズ通算30勝目を飾っていた。

今年のグランドスラムは全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で2連覇達成と6度目の優勝、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)では初優勝を飾り生涯グランドスラム(全豪・全仏・全英・全米の四大大会で優勝)を達成。

しかし、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は3回戦でまさかの敗戦を喫していた。

今後は、14日に開幕するW&Sマスターズ(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)に出場予定。

tennis365.net

最終更新:8月9日(火)14時31分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。