ここから本文です

EXILE USA、デビュー当時は「笑われていた」観客0人のなかでダンスも

MusicVoice 8/9(火) 23:49配信

 EXILE USAが9日、都内でおこなわれた、Netflixオリジナルドラマ『ゲットダウン』のジャパンプレミア試写イベントに出席した。USAは、ドラマのジャパン・アンバサダーに就任している。ドラマの設定と、過去の自分の軌跡を重ね合わせながら、ダンスにまつわるエピソードなどを語った。またこの日は、モデル・DJのエリーローズ、モデルの佐藤モニカも登場した。

【写真】ともに出席したエリーローズ、佐藤モニカ

 『ゲットダウン』は、映画『ロミオ+ジュリエット』『ムーラン・ルージュ』『華麗なるギャツビー』など、数々のヒット作を生み出してきた映画監督、バズ・ラーマンによる初のドラマ作品シリーズ。70年代後半のニューヨーク・サウスブロンクスを舞台に、“新たなダンス・ムーヴメント”誕生の瞬間を、5人のティーンエイジャーたちを通して描く。

 ドラマの中で描かれる、逆境の中で若者たちが自分を表現しようと夢に向かっている姿に、ダンスを始めたころの自身を重ねて感慨深くドラマを鑑賞したというUSAは「最初のころは『バックダンサーでしょ?』と言われて笑われてしまっていたけど、それでも心を折らずに、仲間と一緒に夢に向かって頑張ったおかげで今があると思うので、その頃のことをすごく重ねていましたね」と自身の軌跡を改めて辿った。

 また、その頃のハプニングとして「伝説の0人ライブ」というエピソードを告白。ある日のイベント出演で、ウォーミングアップをしながら出番を待っていると、司会者が締めのコメントに入った上に、会場には「蛍の光」が流れ始めてしまったという。フロアには誰もおらず。すでに清掃に入っていた中で、怒りのダンスを踊ったという驚きのエピソードを明かし、「その時くらいはじけたことはなかったんじゃないかな?」と、逆境に必死に抵抗していた様子を振り返った。

 一方、自身がダンスを始めた経緯について「ダンスに夢中になりクラブに初めて行った時には、まだ2コくらいしかステップができないのに、初心者だと思われるのが恥ずかしいから『常連です』みたいな顔をして、たった2コのステップを一晩中繰り返し踊っていました」と、今のUSAからは想像できない、初々しい思い出を明かしていた。(取材・桂 伸也)

最終更新:8/9(火) 23:49

MusicVoice