ここから本文です

インハイVの細木咲良「錦織選手のように世界へ」<女子テニス>

tennis365.net 8月9日(火)15時51分配信

平成28年度全国高等学校総合体育大会

松江市営庭球場(島根県/松江市、砂入り人工芝)で行われたインターハイ(平成28年度全国高等学校総合体育大会)は8日の決勝戦で、松田美咲(埼玉/浦和学院)を下して島根県勢初となる優勝の快挙を成し遂げた2年の細木咲良(島根/開星)がテニス365のインタビューに応じた。

錦織 頂点目指す高校生を激励

中国高校テニス選手権大会で2連覇などの実績を持つ細木には、今大会で大きな期待が寄せられていた。その期待を裏切らない快進撃を続けた細木への応援は勝ち上がる度に増えていき、決勝戦の観客席には溢れんばかりの人で埋めつくされていた。

今大会では劣勢に立たされることも少なくなかったが、たくさんの声援に励まされて奮闘し、逆境をはね返してきた。

優勝した感想を聞くと「地元で優勝できたことが一番嬉しい」と細木。地元の大きな声援に対し、島根県勢初の優勝という最高の結果で応えられた。

今後の目標について聞くと「錦織圭(日本)選手みたいに、世界で活躍するテニスプレイヤーになりたい。目標とするテニスプレイヤーは地元が同じ錦織選手」と答えた。

島根県松江市から世界で活躍するテニス選手がまた、誕生するかもしれない。

細木は今後、8日から開幕するダンロップ全日本ジュニアテニス選手権に出場する。

tennis365.net

最終更新:8月9日(火)15時51分

tennis365.net