ここから本文です

ハンブルガー酒井が新たな“闘将”へ 独紙「彼は決して怒鳴り声を出すタイプではないが……」

theWORLD(ザ・ワールド) 8/9(火) 19:10配信

指揮官も酒井の価値を認識

ドイツブンデスリーガのハンブルガーに所属する日本代表DF酒井高徳が、チームにおける存在価値を徐々に高めている。

2015年7月に同じくドイツのシュツットガルトからハンブルガーへ活躍の場を移した酒井は、先日開催されたストーク・シティとのプレシーズンマッチに出場し、前半と後半で異なるポジションを任されるなど、その柔軟性を発揮している。独『Hamburger Abendblatt』がそんな酒井のプレイぶりについて次のように言及した。

「酒井は試合中、積極的に仲間へ指示を出し、中盤におけるリーダーとして君臨。質の高いパフォーマンスを披露していた。彼は決して感情的になり、怒鳴り声を出すようなタイプではないものの、ハンブルガーにおける価値は日に日に高まっている」

また同クラブ指揮官ブルーノ・ラッバディアも日本のユーティリティプレイヤーを称賛している。

「酒井はとてもフレキシブルな才能を持ち、素晴らしいテクニックと知性を兼ね備えた選手だね。彼を見れば、すでにチームに馴染んでいるのがすぐに分かるだろう。酒井はここハンブルクでとても快適に過ごしている」

左右両足を巧みに使いこなし、多才な役割を果たすことのできる酒井。2年目となる今季は、昨季以上にハイクオリティな一面を見せることができるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8/9(火) 19:10

theWORLD(ザ・ワールド)