ここから本文です

【MLB】強力タイガース打線を封じた岩隈久志の快投を指揮官絶賛「クレイジー!」

Full-Count 8/9(火) 18:24配信

「前回ほどシャープではなかった」が、7回5安打無失点と敵を圧倒

 9日(日本時間10日)本拠地でのタイガース戦で今季13勝目(7敗)、メジャー通算60勝目を飾ったマリナーズ岩隈久志投手。カブレラ、J.マルティネスら強打者が居並ぶタイガース打線を、7回5安打8奪三振1四球無失点に封じる快投を見せたが、実は前回先発した3日(同4日)レッドソックス戦よりも調子はよくなかったことを、地元メディアが明かしている。

岩隈久志のNPB・MLB年度別通算成績

 地元紙「シアトル・タイムス」電子版によると、岩隈は試合後の記者会見で「序盤は少し苦しい投球になってしまった。流れをつかみきれず、リズムにも乗れなかったし、初球ストライクを奪うこともできませんでした。それができるようになったのは3回から。そこからいいリズムで投げられるようになった」と通訳を介して、意外な事実を明かしたそうだ。確かに、初回に四球と安打で1死一、二塁と走者を得点圏に進める場面があったが、ビクターとJ.D.の両マルティネスを凡打とし、失点を防いでいた。

 実は、サービス監督もこれに同意。同じく地元紙「タコマ・ニューストリビューン」電子版によると、「彼はノっていた」と絶賛しながらも「前回(レッドソックス戦)ほどシャープではなかったかもしれない」と指摘していたという。

前回対戦は5回途中5失点「仕返しをする番だった」とリベンジ成功

 序盤に苦しみながらも尻上がりに調子を上げて、結局は7回を5安打無失点。さらには、8奪三振しながら1四球にまとめたのは、ベテランだからこそ為せる業。「シアトル・タイムス」電子版によれば、改めて岩隈の投球内容を聞かさた指揮官は、半ば呆れたように笑いながら「クレイジーとしか言いようがないな」とチームの勝ち頭を絶賛したそうだ

 6月22日(同23日)に敵地でタイガースと対戦した時は、5回途中を5失点と打ち崩されていた。「自分にとってもチームにとっても(タイガースに)仕返しをする番だった」と話したという岩隈。4連勝したチームはこれで貯金5。ア・リーグ西地区では首位レンジャーズに7ゲーム差の2位につけている。残りは約50試合。大逆転Vに向けて、岩隈が快投でチームを牽引する。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/9(火) 18:24

Full-Count