ここから本文です

「MLB CUP」初代王者は武蔵府中リーグ 全国約150チームの頂点に!

Full-Count 8/9(火) 20:00配信

リトルリーグ4、5年生対象の新設大会、被災地・石巻の復興にも一助

 先週末8月5~7日に宮城県石巻市を舞台に「AIGプレゼンツ MLB CUP 2016」が開催され、武蔵府中リーグ(東京連盟代表)が初代王者に輝いた。今年から新設された「MLB CUP」は、リトルリーグで野球をプレーする小学4~5年生を対象としたトーナメント。3月に開幕した地方予選には全国約150チームが参加し、厳しい予選を勝ち抜いた16チームが石巻市で行われた全国大会にコマを進めた。

MLBの歴史に名を残すイチロー…MLB歴代通算安打&盗塁数ベスト50、イチロー年度別成績

 気温30度を超える夏真っ盛りの石巻を、子供たちが元気いっぱいのプレーで沸かせた。全国予選を勝ち抜いた16チームが2日間に及ぶ決勝トーナメントで熱戦を繰り広げた。初日を終えて、ベスト4に進出したのは武蔵府中リーグ、仙台東リトルリーグ(東北連盟第一代表)、松本南リーグ(信越連盟代表)、横浜青葉リーグ(神奈川連盟代表)。準決勝を勝ち上がった武蔵府中リーグと仙台東リトルリーグによる決勝戦は、先制した武蔵府中リーグの打線が爆発し、12-4で堂々の優勝を飾った。

 表彰式では、元メジャーリーガーで巨人でも活躍したウォーレン・クロマティ氏と高橋尚成氏が、優勝から3位に入賞したチームの子供たち1人1人の首にメダルを掛け、2日間にわたる全力プレーを称賛。大会を主催したMLBジャパンのジム・スモール代表は「皆さん、本当にお疲れ様でした。MLB CUP 2016はこれで終わりますが、MLB CUP 2017が始まります。また来年、楽しみにしています!」と話し、未来のメジャーリーガーたちの健闘を称えた。

元大リーガーのクロマティ氏と高橋尚成氏もイベントに参加

 開催地となった宮城県石巻市は、東日本大震災で甚大な被害を受けた。5年の月日が経ち、復興は着実に進んでいるが、メイン会場となった石巻総合運動公園の近くに建つ仮設住宅には、今でも数多くの人々が住んでいる。この石巻で「MLB CUP」全国大会を開催したことは、被災地に元気をもたらすだけではなく、経済面でも復興の一助になったようだ。

 大会開催期間中には、メイン会場となった石巻総合運動公園でさまざまなイベントが開催された。大会に出場した子供たちは、クロマティ氏や高橋尚成氏による野球教室にも積極的に参加。引率のコーチや応援に駆けつけた父兄たちも、現役時代を知るクロマティ氏や高橋氏によるトークショーに熱心に耳を傾けた。

 7歳から野球を始めたというクロマティ氏は「多くの子供たちが野球を楽しむ姿を見られて本当にうれしいです。これかも楽しむ気持ちを忘れずにプレーして下さい」と子供たちにエール。コーチや監督へのアドバイスを求められた高橋氏は「子供たちに野球の楽しさを忘れさせないためにも、teaching(教える)ではなくてcoaching(指導)を心掛けて下さい。教え込む、たたき込む野球は辞めましょう。野球を楽しめれば、自然と上手くなります」と伝え、保護者から多くの共感を呼んでいた。

 今大会が新設されたキーワードも「野球を楽しむこと」にある。大会に参加する対象学年が小学4~5年生に設定されている理由について、MLBジャパンのスモール代表は「子供たちは6年生になるまで、なかなか試合に出られない現状があった。野球をするからには試合に出なければ楽しくない。野球の楽しさ、試合に出る喜びを忘れないためにも、この大会は4~5年生を対象にしました」と明かした。

 真剣勝負を楽しみ、イベントで元メジャーリーガーと触れあい、充実した2日間を送った子供たち。これまで以上に野球への愛情を深め、野球の面白さを感じた週末になったようだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/9(火) 20:00

Full-Count