ここから本文です

ローマでのプレイを心待ちにするヴェルメーレン「ラジャ、シュチェスニ、ジェコ、そしてトッティ……」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月9日(火)20時10分配信

バルセロナからレンタル移籍

バルセロナからレンタルでローマに加入することが決定したベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンは、新天地での挑戦に胸を躍らせている。

スペインとイタリアではスタイルも全く違うが、ローマにはベルギー代表のチームメイトであるMFラジャ・ナインゴラン、アーセナル時代のチームメイトであるGKヴォイチェフ・シュチェスニがいる。

『Roma TV』によると、ヴェルメーレンも2人の存在が大きいと語っており、新天地でのプレイを楽しみにしていることを明かした。

「僕はラジャのことをよく知っている。彼は友人だし、いろいろ教えてくれたよ。シュチェスニも知っている。彼らは僕が適応するのを助けてくれるよ。ジェコも知っているね。彼と対戦するのは難しかった。彼は頭も足も使えるし、DFとして彼に対応するのは難しい」

「そしてトッティがいる。誰もが彼を知っているし、1つのクラブでキャリアを過ごせる選手はそう多くない。彼とのプレイが待ちきれないね」

ヴェルメーレンは怪我さえなければセリエAのスタイルにも問題なく適応できるはずで、まずはシーズンを通してコンディションを整えることが求められている。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月9日(火)20時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。