ここから本文です

西武、メヒアの逆転3ランで連敗ストップ

Full-Count 8月9日(火)21時13分配信

先発・岸が7回6安打1失点と粘投、メヒアはリーグトップに並ぶ28号

 西武は9日の日本ハム戦(札幌ドーム)で3-1で逆転勝ち。連敗を2でストップした。

 先発の岸が粘りの投球を見せた。初回に田中賢の右前適時打で先制を許したものの、5回2死二、三塁では中田を146キロ直球で空振り三振。7回2死一、二塁では大谷を中飛に打ち取った。7回で124球を投げて、6安打8奪三振3四球1失点。7月18日のロッテ戦(西武プリンス)以来となる5勝目を挙げた。昨年7月10日から続いた札幌ドームでの連敗も4で止めた。

 打線では、メヒアが3回2死一、二塁でバースから逆転28号3ラン。約1ヵ月ぶりの一発でリーグトップの日本ハム・レアードに並んだ。

 投打の軸が躍動しカード初戦を取った。10日は14カード連続で続くカード負け越しで止めたいところだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月9日(火)21時13分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]