ここから本文です

拙攻響いたロッテ2連敗、伊東監督「点が取れなきゃ勝てない」

Full-Count 8月9日(火)22時45分配信

先制点を挙げるも、2回以降は送りバント失敗などで走者返せず

 ロッテは9日の楽天戦(QVCマリン)に2-4で敗れた。

 打てず、バントで送れず、歩かせろの指示も徹底できず、余計な失点が重なった。ロッテ伊東監督は楽天に敗れて2連敗し「点が取れなきゃ勝てない」と自嘲気味だった。

 初回はデスパイネが奮起した。昨年は6打数無安打、今年も3打数無安打と打てなかった先発・塩見から、「初安打を打ちたかった」と1死二塁で左中間に先制適時打。だが、2回以降は再三先頭打者が出塁するも、4回は鈴木が送りバント失敗するなど、得点できずに終わった。

 投げては、スタンリッジが相変わらず「魔の6回」に悩まされた。先頭打者のペゲーロに右翼へ安打され、2死満塁から藤田に逆転の2点タイムリー。結局、この日は藤田一人に4安打3打点と苦しめられ、伊東監督は「同じバッターに何本も打たれる。うちの弱点」と、田村のリードを含めたバッテリー間の問題点を指摘した。

 ペナントレースも追い込み段階。チームとしての不安を抱かせる試合となってしまった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月9日(火)22時45分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報