ここから本文です

マンU復帰は運命と語るポグバ「自分の家に帰ってきたような気分」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月9日(火)22時30分配信

運命だったと語る

イタリア王者のユヴェントスからイングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドへ移籍することが決まったフランス代表MFポール・ポグバが、今回の決断について言及している。

2012年までユナイテッドに在籍していたポグバは、出場機会を求めて加入したユヴェントスにおいて急激な成長を見せ、いまや同世代の中でも世界最高のセンターハーフとして君臨。先のユーロ2016では思ったような活躍を披露することができなかった23歳のフランス人だが、“2度目のマンチェスター”では大きなインパクトを残す準備ができている。ユナイテッドの公式チャンネル『MUTV』がポグバの意気込みを伝えた。

「僕はこうなる運命だったと感じている。そう言えるはずだ。かつてここに居て、自分が育った場所だからね。キャリアをスタートさせた場所に戻ってくるというのは僕にとってかなり大きなチャレンジだよ。ここで始まり、終わらせることができていなかったことがある。それを終わらせるために、僕は戻ってきたんだと思うね。言葉では言い表せないよ。まるで自分のホームへと帰ってきたような気分さ。休日に旅行へ出かけて家に帰ってきたみたいだよ。かつての関係者みんなと再会することができて嬉しいね。今は正直に言って素晴らしい気分だ」

すでにチームへ合流しているヘンリク・ムヒタリヤンやズラタン・イブラヒモビッチら新戦力と共に、ポグバはどんな魔法を見せてくれるだろうか。これだけ豪華なスカッドをもってすれば、マンチェスター・ユナイテッドが復権を果たすのも時間の問題なのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月9日(火)22時30分

theWORLD(ザ・ワールド)