ここから本文です

ガラスの森美術館が開館20年 町長ら200人が祝う

カナロコ by 神奈川新聞 8月9日(火)7時3分配信

 箱根ガラスの森美術館(箱根町仙石原)の開館20周年を記念するレセプションが8日、町内のホテルで開かれ、山口昇士町長や女優の丘みつ子さんら約200人が祝った。

 同美術館は1996年8月8日、「横浜うかい亭」などを運営する「うかい」創業者の故・鵜飼貞男さんのベネチアングラスなどのコレクションを中心に開館。ことし7月には来館者1千万人を達成するなど箱根観光の一翼を担う。

 岩田正崔(まさたか)館長は「食事のごちそうだけでなく、心のごちそうをと開館した美術館。大勢の方に応援してもらってここまできたことに感謝します」とあいさつ。山口町長は「難産の末の開館だったが、集客数は箱根でも最右翼に数えられる施設。さらなる発展を」と祝辞を述べた。

最終更新:8月9日(火)7時3分

カナロコ by 神奈川新聞