ここから本文です

「マクラーレン・ホンダは4位争いにおける脅威」。ライバルが進歩を警戒

オートスポーツweb 8月9日(火)8時45分配信

 フォース・インディアは、シーズン後半戦でランキング4位を目指す上で、マクラーレン・ホンダが強力なライバルになると予想している。

2016年ドイツGP ニコ・ヒュルケンベルグとジェンソン・バトン

 
 12戦終了時点で、フォース・インディアは81点でコンストラクターズ選手権ランキング5位、96点のウイリアムズから4位の座を奪いたいと考えている。
 一方、6位には45点のトロロッソ、7位には42点のマクラーレン・ホンダと続いている。
 
「それ(ランキング4位)をかけて戦いたい。僕としてはマクラーレン・ホンダも来ると思う」とニコ・ヒュルケンベルグはスペインのasに対して語った。
 
「シーズン後半はこの3チームがかなり激しく戦うことになりそうだ」
 
「(ドイツGPで)ジェンソン・バトンをミラーで見ていたが、あのクルマは常によくなっているし、とてもよさそうだ」


 チーム副代表のボブ・ファーンリーも、「我々とウイリアムズにとって、興味深い存在はマクラーレンだ」と述べたと、asが伝えている。
 
「マクラーレンが我々の戦いに問題をもたらすかもしれない。少しでもミスをしたら、マクラーレンが迫ってきて、2倍のツケを支払うことになる」

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月9日(火)8時50分

オートスポーツweb