ここから本文です

元DTMドライバーのマーロ・エンゲル、ベンチュリからフォーミュラE参戦

オートスポーツweb 8月9日(火)12時34分配信

 2008年~2011年までドイツツーリングカー選手権(DTM)に参戦していたマーロ・エンゲルが、今年10月に開幕する2016/17年のフォーミュラEにベンチュリから参戦する。

 ベンチュリはすでに、ステファン・サラザンの残留を発表しており、エンゲルはマイク・コンウェイに代わって、サラザンのチームメイトを務めることになる。

 現在、メルセデスのワークスドライバーを務めるエンゲルは昨年、マカオで行われたFIA GTワールドカップで優勝。また今年のニュルブルクリンク24時間レースでは、メルセデスを勝利に導いた。

 また、2015年の夏にはベンチュリと半日間のテストを実施。ニューマシンであるVM200-FE-02の開発に携わっている。

「ここ数年は屋根のあるマシンでレースをしてきたから、ふたたびフォーミュラカーでレースができることを楽しみにしている」とエンゲル。

「シーズン3で使うマシンをテストし、開発に携われて本当に楽しかったし、さらなるチャンスがあればと思っていたんだ」

「それから月日が経って、チームからレースに出るチャンスを提示された。これはまさしく、僕が望んでいたことなんだよ」

 ベンチュリに合流後も、エンゲルは並行してメルセデスAMG チーム・ブラックファルコンからブランパンGTシリーズに参戦する。

 エンゲルはシングルシーターへの復帰を許可したメルセデスに感謝するとともに、フォーミュラEはレーシングドライバーにとって「価値のある場所」と語った。

「僕はフォーミュラEに初年度から注目してきた。偉大なドライバーやチームと世界中の都市でレースができる。参戦するマニュファクチャラーも増える一方だしね」

「電動のフォーミュラマシンにはすぐ慣れたし、オフシーズンの間に取り組んできたことには自信を持っている。それでも自分たちのポジションを予測するのは難しいね」

「僕はフォーミュラEではルーキーだし、モータスポーツにおいて経験が非常に重要だということを理解している。今は懸命に学習しているところだよ」

 ベンチュリのパワートレイン開発を率いるフランク・バルデットは、エンゲルの高いフィードバック能力を評価。開発スケジュールが滞りなく進んでいると絶賛している。

 また、バルデットはマイク・コンウェイの放出は、ドイツ人ドライバーを乗せたいというスポンサーの意向によるものだと明かした。

「マイク(・コンウェイ)は素晴らしいドライバーであり、我々は彼に感謝している。彼が我々とともにレースを続けられないことは喜ばしいことではないが、マーロ(・エンゲル)も並外れたドライバーであるため、複雑な思いだ」

「エンゲルはマシンのことを理解しているが、フォーミュラEのレースは未経験だ。これはシリーズを戦う上で足かせになる。この難題をクリアできるかが、彼が成功を掴むための課題となるだろう」

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月9日(火)14時17分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。