ここから本文です

「マッサは過小評価されている」シート危機報道に対して、チームメイトが擁護

オートスポーツweb 8/9(火) 17:33配信

 ウイリアムズF1チームのバルテリ・ボッタスが、チームメイトであるフェリペ・マッサのドライビング能力は過小評価されていると語った。

ウイリアムズ上層部は、バトンが来季のドライバー候補であることを認めている

 マッサとウイリアムズの契約は今シーズン末で終了する。チーム残留のため話し合いを進めてはいるものの、ウイリアムズのリストには、マッサよりも優先順位の高いドライバーがいるという。今季マッサは、これまでに38ポイントを獲得したが、ボッタスに20ポイントの差をつけられている。シーズン終了時のポイント差は2015年が15ポイント、2014年は52ポイントでボッタスに負け続きだ。

「いまでもフェリペは速い。彼のスキルと本来の能力は過小評価されている。ドライバーとしての目標は、チームメイトよりも常に速くあること。今シーズンの僕は昨年や一昨年と同じように、そうすることができているということだ」と、ボッタスは言う。

 ボッタスは、来季F1でマッサのシートが危ぶまれている現状が理解できないとチームメイトを擁護する。 

「フェリペが続けたいか否かにかかっていると思うけど、個人的には続けない理由はないと思う。いまでも彼は、とてもうまいドライバーだ。今年と昨年は、初年度やフェラーリにいたときよりも事故の数は少なくなっている」

 ウイリアムズのテクニカルディレクターを務めるパット・シモンズは、マッサのパフォーマンスに満足している。

「チームについて、どこが満足かと言えば、ひとつはドライバーだ。お互い精一杯に攻め合い、同等のパフォーマンスを発揮してチームを高めている。フェリペは頼もしい結果を出し続けており、2014年以降ずっと私を喜ばせてくれている。彼は強く、懸命に戦っている。失ったものは何もない。まだ何年も戦えるし、これまでと同じだけの速さが現在でもある。(2008年に)彼がチャンピオンにどれだけ近かったか、みんな忘れているんだ。あの日ブラジルでタイトルを獲得していれば、価値あるチャンピオンになったことだろう。そうならなかったことが残念でならない」

 マッサはチームとの仕事を楽しんでおり、ウイリアムズで4シーズン目を過ごすことを希望しているが、他チームへの移籍の可能性にも言及している。

「もちろん残留したいけれど、チーム内で重要な役割を担って、進化しながら戦いたいと考えている。ウイリアムズでの仕事は本当に楽しいし、ここに残れたら、とてもうれしい。けれど、同レベルのチームのために仕事をすることも興味深いと思っているよ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:8/9(火) 17:38

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています