ここから本文です

「ルノーがボッタスに真剣オファー」との報道

オートスポーツweb 8月9日(火)17時53分配信

 ウイリアムズのバルテリ・ボッタスにルノーが来季シートをオファーしていると報じられている。

2016年ドイツGP ケビン・マグヌッセン(ルノー)

 
 ウイリアムズからF1にデビューして今年で4年目のボッタスは、来季のオプション契約を有しているといわれているが、ルノーはボッタスに具体的なオファーを提示し、彼はそれを検討していると、デンマークのBT紙が伝えた。その情報をもたらしたのは、テレビ局MTVフィンランドでF1コメンテイターを務めるオスカリ・サーリだということだ。
 
「関係者からコメントを取ることはできない。特にこの時期のドライバーは一切しゃべらないだろう。バルテリは何も言わないと思う」とサーリ氏。 
 
「だが私は彼(ボッタス)がウイリアムズとルノーからオファーを受けていることを知っている」
 
 今年、ケビン・マグヌッセンとジョリオン・パーマーを走らせているルノーは、セルジオ・ペレスに強い関心を示しているともいわれている。フォース・インディアはペレスの残留を強く希望しているが、ペレスのスポンサーが彼の将来について決定権を握っている。
 
 ルノーの他の候補としては、現在のリザーブドライバーであるエステバン・オコン、開発ドライバーのセルゲイ・シロトキンといった名前も挙がっている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月9日(火)17時57分

オートスポーツweb

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。