ここから本文です

宇多田ヒカル 新アルバム『Fantome』新曲8曲収録! ジャケ写・アー写も解禁

Billboard Japan 8月9日(火)18時25分配信

 約8年半ぶりとなるニューアルバムを9月28日に発売する宇多田ヒカルが、そのアルバムタイトルと収録内容、ジャケット写真、アーティスト写真を発表した。

宇多田ヒカル 新アルバム アートワーク一覧

 タイトルは『Fantome』(読み方:ファントーム)、フランス語で「幻」「気配」などを意味する。収録楽曲は、「花束を君に」「真夏の通り雨」「桜流し」の3曲と、新規書き下ろし8曲の計11曲。

 さらに、アルバム『Fantome』のジャケット写真および新しいアーティスト写真も公開。今回撮影を担当したフランス在住のカメラマン・JULIEN MIGNOT(ジュリアン)は、独特な雰囲気の写真が高い評価を受け、世界のセレブリティを撮影している。宇多田ヒカルもその作品を気に入り、今回のオファーに至った。彼だからこそ引き出せる今までの宇多田ヒカルの写真にはなかった表情にも注目だ。撮影終了後、ジュリアンは「今回彼女のアルバムのジャケットを手掛けることができて、とても嬉しく思います。夜遅くまでかかってしまいましたが、みなさんの素晴らしいサポートのおかげで、いい撮影ができました。」とコメントしている。

 いよいよ新アルバム発売に向けてのカウントダウンが始まった宇多田ヒカル。今年の活躍には要注目だ。



◎アルバム『Fantome』
2016/9/28 RELEASE
[TYCT-60101] 3,000円+税
01.道
02.俺の彼女
03.花束を君に(NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』主題歌)
04.二時間だけのバカンス
05.人魚
06.ともだち
07.真夏の通り雨(日本テレビ『NEWS ZERO』テーマ曲)
08.荒野の狼
09.忘却
10.人生最高の日
11.桜流し(『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』テーマソング)

最終更新:8月9日(火)18時25分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。