ここから本文です

カルヴィン・ハリス、元恋人“テイラー”をネタにしたジョークに思わず笑う

Billboard Japan 8月9日(火)18時25分配信

 DJ/プロデューサーのカルヴィン・ハリスが8月6日、カジノホテル、シーザーズ・パレスの50周年記念ガラでフューチャー・アイコン・アワードを受賞した。人気オーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』の出演でもお馴染みのホーウィー・マンデルがプレゼンターを務めた。

 コメディアンでもあるマンデルだが、この絶好の機会を無駄にすることなく親父ギャグを炸裂。お馴染みの元恋人テイラー・スウィフトを引き合いに出し、「いいスーツだね。テーラー(仕立屋)は誰なんだい? 言ってることわかる?」とフレンドリーにツッコミをしてみせた。

 これに気付いたハリスも少しウケたようで、エンターテイメント・ニュース“E! Online”によると「用意していたでしょ、それ」と答えたそうだ。

 突然のツッコミにうろたえることなく、しっかりと賞を受け取ったハリスは、トニー・ベネット、ジェニファー・ロペス、ウェイン・ニュートン、ダニー&マリー・オズモンドなどのスターが揃う観衆を前に、「ここに立つことが出来て光栄です。こんな事はあまりなく、こういった賞を受賞するのもとても貴重なことです。とても光栄です」と話した。

最終更新:8月9日(火)18時25分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。