ここから本文です

セレーナ・ゴメス、「私と付き合うことは馬鹿げてる」自身の恋愛観を語る

クランクイン! 8/9(火) 13:20配信

 歌手・女優のセレーナ・ゴメスが、オーストラリア版Vogueによるインタビューの中で、プライバシーの無い生活や、自身の恋愛観について語った。海外メディアE! Newsが報じている。

【関連】「セレーナ・ゴメス」フォトギャラリー


 過去に歌手のジャスティン・ビーバーと交際していたセレーナは、同誌によるインタビューの中で、「しばらくの間、私のプライベートは最大の話題だった。誰も全てのことは知らないから、推測するほかない。好きなことをしようと思っても、そういった推測が暗い影を投げかけるの。人々が私のことについて真剣に考えることは、ちょっと難しくなるのよ」とコメント。

 ただ、そうした報道がもたらす困難は乗り越えたようで、「一時的なものだと分かったわ。良かれ悪しかれ、私は今の自分を受け入れなければならないのよね」と語っている。それでも、セレーナは自分と付き合う男性はいないのではないかと考えている模様。「私は、人々が私と付き合うことを馬鹿げてると考えていると思うの。だって、誰も自分の身を公に目立たせたいとは思わないでしょ。どうしてそう望むの?」

 現在は最新アルバム『リバイバル』を引っ提げてのワールド・ツアーに情熱を注いでいるため、恋人を作る余裕はないと語るセレーナだが、今後自分にぴったりの相手が見つかれば、交際する可能性もあると話している。

最終更新:8/9(火) 13:20

クランクイン!