ここから本文です

テイラー・スウィフトの弟オースティンが俳優デビュー

クランクイン! 8月9日(火)15時20分配信

 アメリカの人気歌手テイラー・スウィフトの、イケメンな弟オースティンが、ピアース・ブロスナン主演の映画で俳優デビューを果たしたことが分かった。海外メディアMail Onlineが報じている。

【関連】「テイラー・スウィフト」フォトギャラリー


 同サイトによれば、現在24歳のオースティンがブロスナンと共演したのは、スリラー映画『 I.T.(原題)』。Yahoo! Moviesが4日に独占公開した新予告編で、その姿が確認できたという。

 ノートルダム大学出身のオースティンが演じるのは、ランスというキャラクターだが、詳しい役柄は明らかになっていない。昨年の9月には、姉のテイラーが自身のインスタグラムに、「私の弟が初出演の映画で演技したのよ。誇りに思うわ」とキャプションを添えて、ヴィンテージカーに乗って演技する弟の写真を投稿し、100万件以上のいいねを獲得していた。

 オースティンとテイラーは仲が良く、しばしば一緒にいるところを目撃されている。2014年のゴールデン・グローブ賞では、一緒にレッドカーペットに登場して笑顔を見せていた。『 I.T.(原題)』は9月に全米公開を迎える。

最終更新:8月9日(火)15時20分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。