ここから本文です

【高校野球】サイクル安打を達成した選手といえば~夏の甲子園・記録あれこれ~

ベースボールキング 8月9日(火)8時0分配信

 7日に開幕した「第98回 全国高校野球選手権大会」。大会2日目の第4試合に登場した東邦(愛知)の藤嶋健人(3年)が、中3、中本、左2、中2サイクル超えの活躍を見せた。今回、藤嶋は惜しくもサイクル安打を逃したが、過去に1949年の杉山慎二郎(平安)、75年の玉川寿(土佐)、91年の沢村通(大阪桐蔭)、98年の藤本敏也(明徳義塾)、04年の林裕也(駒大苫小牧)の5人がサイクル安打を達成している。

 直近でも11年前ということを踏まえると、かなり難易度が高いといえるだろう。現時点で最後の達成者となっている林は、横浜高戦で偉業を成し遂げた。横浜の先発は、現在ロッテでエースとして活躍する涌井秀章。林は2回の打1打席、涌井のストレートをバックスクリーン右に飛び込む本塁打を放つと、続く第2打席はレフトへタイムリー二塁打。第3打席にライト線を破るタイムリー三塁打で、サイクル安打に王手をかけると、第4打席でレフト前にタイムリーを放ち、4打席でサイクル安打を達成した。勢いの止まらない林は、第5打席もレフト前ヒットと、5打数5安打の活躍だった。

 ちなみに、林の6年前にサイクル安打を達成した98年の藤本(明徳義塾)も、当時エース・松坂大輔を擁し、春夏連覇を目指していた横浜戦だった。

 今年の大会で98回目を迎える夏の甲子園だが、サイクル達成者はわずかに5人しかいない。6人目のサイクル安打達成者が出るのはいつになるだろうか。

【夏の甲子園サイクル安打達成者一覧】
杉山慎二郎(平安 / 49年)
玉川 寿(土佐 / 75年)
沢村 通(大阪桐蔭 / 91年)
藤本敏也(明徳義塾 / 98年)
林 裕也(駒大苫小牧 / 04年)

BASEBALL KING

最終更新:8月10日(水)15時45分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]