ここから本文です

指揮官の継投がズバリ的中 山梨学院が21年ぶりの勝利

ベースボールキング 8/9(火) 14:15配信

第98回 高校野球選手権大会
山梨学院 5 - 3 長崎商
<1回戦 8月9日>

 「第98回 全国高校野球選手権大会」は、9日で大会3日目。第2試合では、5年ぶり6回目の出場となった山梨学院(山梨)が長崎商(長崎)を5-3で下し、21年ぶりとなる甲子園での勝利を挙げた。

 “夏に勝てるチーム”を目指し、強力打線を作り上げて来たのが吉田洸二監督。かつては長崎・清峰高を率い、2009年のセンバツでは今村猛(現広島)を擁したチームで優勝も成し遂げている指揮官が、奇しくも長崎代表の前に立ちはだかるという初戦になった。

 試合は、自慢の強力打線が初回に火を噴く。

 まずは先頭の土田佳武(3年)が初球攻撃でレフト前ヒットを放ち出塁すると、続く宮下塁(3年)も初球を逆らわずに左へ。打球は快音を残し、レフトの頭上を超えるタイムリーツーベースに。わずか2球で先制点を叩き出す。

 さらに3番の知見寺代司(3年)も詰まりながらもセンター前へ運び、3連打で2点。電光石火の攻撃で主導権を握った。


 3回にも4番・滝沢虎太朗(3年)のタイムリーで1点を追加し、3-0で迎えた6回の守備。吉田監督が動く。

 先発した吉松塁(2年)が内野ゴロ2つで二死を取るも、続く打者にはセーフティバントで意表を突かれ、出塁を許してしまう。さらに続く打者を四球で出し、二死ながら一、二塁のピンチで相手4番の小出凌太郎(3年)を迎えた。

 吉松は小出に対して2ボール2ストライクと追い込むも、吉田監督は打席の途中で交代を決断。エースナンバーを背負う栗尾勇摩(2年)がこの起用にしっかりと応え、1球で左飛に仕留めてピンチを断った。

 その後、7回裏にも知見寺と滝沢の連続タイムリーでリードを拡大。8回に1点、9回には2点と粘る長崎商の反撃を受けるも、効果的な追加点が活きて5-3で粘る相手を振り切った。

 山梨学院は1995年以来となる甲子園での勝利。2回戦は8日目の第1試合に決まり、三重代表のいなべ総合と戦う。


▼ 山梨学院・吉田洸二監督
「(交代について)根拠はないんですけど、打たれそうな気がして気づいたら代えていた」

▼ 山梨学院・滝沢虎太朗
「(試合に点数をつけるとしたら)70点~80点。追加点が欲しいところでなかなか取れなかった」
「その中で自分がチャンスで打てたのは良かった。県勢初優勝を目指します」

BASEBALL KING

最終更新:8/9(火) 15:52

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。