ここから本文です

12日のよさこい全国大会で活躍誓う のとしん舞遊人の壮行式

北國新聞社 8月9日(火)3時26分配信

 12日に高知市で開かれる「第18回よさこい全国大会」に県代表として出場するのと共栄信用金庫(七尾市)のよさこいチーム「のとしん舞遊人(ぶゆうじん)」の壮行式は8日、同市国分町ののとしん国分センターで行われ、踊り子40人が活躍を誓った。

 大林重治理事長が「練習の成果を発揮してほしい」と激励し、リーダーの上井樹さんが「笑顔で元気に踊ってきます」と決意を示した。同センター前の駐車場で、メンバーが軽快な曲に合わせて演舞を披露した。

 全国大会には68チームが出場し、高知市内のアーケードや特設ステージで演舞する。のとしん舞遊人は、昨年6月に七尾市和倉温泉で開かれた第19回能登よさこい祭り(本社後援)で最高賞の大賞に輝き、出場権を得た。

北國新聞社

最終更新:8月9日(火)3時26分

北國新聞社