ここから本文です

サルビアロード真っ赤に染まる 能登町の珠洲道路脇に4万株

北國新聞社 8/9(火) 3:26配信

 珠洲道路の能登町中斉―当目間2・3キロの通称「サルビアロード」が真っ赤に染まり、ドライバーの目を楽しませている。

 道の駅「桜峠」から、宇出津方面の道路両脇にサルビア約4万株が植えられている。農業青木悟さん=神和住=らが世話をしており、10月頃まで道路沿いを彩る。

北國新聞社

最終更新:8/9(火) 3:26

北國新聞社

なぜ今? 首相主導の働き方改革