ここから本文です

福島の小中学生が夏祭りに参加 小松・那谷町で交流

北國新聞社 8月9日(火)3時26分配信

 小松市の異業種交流グループ「SMRI(サムライ)」のキャンプ事業「来まっし小松! 福島キッズ」で同市に滞在中の福島県の小中学生30人は7日、同市那谷町で町内会の夏祭りに参加し、地元住民と交流した。

 メンバーは祭り会場の那谷寺駐車場に屋台を設け、売り子となってかき氷や焼き鳥を提供したり、射的で地元の子どもたちと遊んだりした。メンバーの保護者が作った福島産の桃やかまぼこも振る舞った。輪踊りにも加わり、町民と一体となって祭りを盛り上げた。

北國新聞社

最終更新:8月9日(火)3時26分

北國新聞社

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。