ここから本文です

金沢教員クラブが優勝報告 全日本教員ソフトボール選手権

北國新聞社 8/9(火) 16:02配信

 第62回全日本教員ソフトボール選手権で2年ぶり19度目の優勝を果たした金沢教員クラブのメンバー9人が9日、北國新聞社を訪れ、優勝旗、優勝杯、金メダルを披露しながら一層の精進を誓った。

 新しく就いた武田秀一代表(金沢市木曳野小校長)をはじめ、コーチを兼ねる榎木洋平さん(同市戸板小)ら各選手が笑顔を並べ、小倉豪新監督(野々市市富陽小)の下、一丸プレーでつかんだ栄冠をあらためて喜び合った。

 愛知県江南市で開催された大会で金沢教員クラブは1回戦から投打に圧倒的な強さを見せ、決勝で高知教員クラブに4―0の完封勝ちを収めた。

北國新聞社

最終更新:8/9(火) 16:02

北國新聞社