ここから本文です

手倉森ジャパンの救世主は“19番目の男”…崖っぷちに立たされた鈴木武蔵に訪れたチャンス

SOCCER KING 8月9日(火)10時28分配信 (有料記事)

文=元川悦子 想定外の壮絶な打ち合いとなった4日(日本時間5日)のリオデジャネイロ五輪初戦・ナイジェリア戦(マナウス)。3-5で迎えた後半ロスタイム、大島僚太(川崎)の巧みなスルーパスに反応した背番号11・鈴木武蔵は、相手DFの位置をよく見ながらドリブルで仕掛けて左足を一閃。非常にテクニカルなゴールを叩き込んだ。 直後にタイムアップの笛が鳴り、日本は極めて重要な初戦を落とす苦しいスタートを強いられ本文:3,454文字 この記事の続きをお読みいただくには、SOCCER KING プレミアム on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    108円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    86円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

SOCCER KING

最終更新:8月9日(火)10時28分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。