ここから本文です

元アーセナルのMFフリンポン、ロシア1部“アルセナル”移籍が決定

SOCCER KING 8月9日(火)14時16分配信

 ロシア・プレミアリーグのアルセナル・トゥーラは8日、ウファからガーナ人MFエマニュエル・フリンポンを獲得したと公式HP上で発表した。

 アルセナル・トゥーラはフリンポンを完全移籍で獲得し、2年間の契約を結んだという。同選手はかつてイングランドのアーセナルでプレーしており、再び「ARSENAL」のユニフォームに袖を通すことになった。

 フリンポンはアーセナルの下部組織で育ち、2011年にはトップトームへ昇格した。しかしそこで活躍することはできずにレンタル移籍を繰り返し、2014年1月にバーンズリーへ放出されている。同年夏にはロシア・プレミアリーグのウファへ加入し、プレーしていた。代表ではイングランドの各年代代表を経験しているが、A代表はガーナを選択。しかし、2013年以降は招集されていない。同選手に関してはSNSでの投稿が問題となるなど、ピッチ外での言動に注目が集まることが多かった。

 新天地となるアルセナル・トゥーラは今シーズン、開幕2試合を終えた時点で1勝1敗の7位に位置している。

SOCCER KING

最終更新:8月9日(火)14時16分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。