ここから本文です

ストーンズのマンC行きが決定…移籍金は約63億円で6年契約締結

SOCCER KING 8月9日(火)19時46分配信

 マンチェスター・Cは9日、エヴァートンからイングランド代表DFジョン・ストーンズを完全移籍で獲得し、6年契約を締結したと発表した。

 移籍金については公表されていないが、エヴァートンの公式HPではクラブ史上最高額での売却だったことが記されている。イギリスメディア『BBC』が同日に報じた内容によれば、マンチェスター・Cは4750万ポンド(約63億円)を支払ったようだ。

 ストーンズはクラブ公式HPを通じて「シティとの契約にサインできて、とてつもない喜びを感じている。取引が完了した今、キャリアにおける次のステージを見据えているよ」とコメントしている。

 また、指揮官を務めるジョゼップ・グアルディオラ監督は同選手について「彼のプレーが好きだし、スカッドに迎え入れるのが待ちきれないよ」と高い評価を明らかにしている。

 現在24歳の同選手は、バーンズリーの下部組織出身のセンターバック。2013年のエヴァートン加入後、そのパフォーマンスに注目が集まり、ここ数年はビッグクラブ移籍の噂が絶えなかった。今夏はマンチェスター・Cが獲得に動いていると予てから報じられており、ついに移籍が実現した。

SOCCER KING

最終更新:8月9日(火)19時46分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。