ここから本文です

バルサDFベルメーレン、買い取りオプション付きでローマへレンタル

ゲキサカ 8月9日(火)14時56分配信

 ローマは8日、バルセロナのベルギー代表DFトマス・ベルメーレンを1年間の期限付き移籍で獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。2016-17シーズン終了時の買い取りオプション行使の権利も付いているという。

 ベルメーレンは2014-15シーズンにアーセナルからバルセロナに移籍したが、負傷の影響もあり、同シーズンの最終節でようやく移籍後初出場。バルセロナでは2シーズンで公式戦21試合に出場して1得点を記録していた。ローマのクラブ公式サイトを通じてベルメーレンは「私はローマの選手になれて非常に幸せを感じる。新しい挑戦を楽しみにしているよ」とコメントしている。

 現在ローマはセンターバックに怪我人を抱えており、ベルメーレンは17日、23日に行われるポルト(ポルトガル)とのUEFAチャンピオンズリーグ本戦出場を懸けたプレーオフのメンバーにも入っている。加入後すぐに重要なゲームを迎えることとなったベルギー代表DFは「ポルトにはいい印象を持っている。我々はチャンピオンズリーグに行くことだけが目標ではない。グループリーグも通過できると確信しているよ」と意気込みを語った。

最終更新:8月9日(火)14時56分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。