ここから本文です

7月の月間MVP発表! J1は7戦連発中の川崎F小林、J2は得点ランク首位浮上の清水FW鄭大世

ゲキサカ 8月9日(火)17時16分配信

 Jリーグは9日、7月度の「明治安田生命Jリーグ 月間MVP」を発表した。J1は川崎フロンターレのMF小林悠、J2は清水エスパルスのFW鄭大世が選出。ともに初受賞となった。

 小林は7月に行われた全6試合に出場し、川崎Fの無敗に貢献。現在、クラブ記録を更新する7試合連続ゴール中で、川崎Fの年間勝点1位と第2ステージ首位キープの原動力となっている。Jリーグ選考委員会は「チームのエースとして存在感を発揮し、満場一致での選出となった」と文句なしの受賞だったと説明した。

 7月に行われた全6試合に出場し、7得点をマークした鄭大世は得点ランキング1位に浮上。Jリーグ選考委員会は「前線で攻撃の起点になるシーンが多く、シュート数25本(1位タイ)、枠内シュート数14本(1位タイ)とフィニッシャーとして抜群の存在感を放った」とゴール以外のデータも紹介し、「以前のようなゴールに突き進むプレースタイルが戻り、鄭選手ならではの得点感覚が戻ったことからコンディションの良さがうかがえる」と評価した。

 なお、賞金として小林に30万円、鄭大世には20万円が贈られる。

最終更新:8月9日(火)17時16分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報