ここから本文です

ドルト新加入コンビが記者会見、“新参者の儀式”にも言及…シュールレ「皆にはウケた」ゲッツェ「やらずに済んだ」

ゲキサカ 8月9日(火)18時46分配信

 スイス合宿中のドルトムントが記者会見を開き、今夏加入したドイツ代表のMFマリオ・ゲッツェとMFアンドレ・シュールレが新シーズンへの抱負を語った。9日にクラブ公式サイトが伝えている。

 今夏8人目の新加入選手としてドルトムントの一員となったシュールレ。クラブの第一印象を「温かく迎え入れてもらい、最初から本当に居心地がよかった。何もかもがね」と話し、「昨日は新加入選手の儀式で一曲披露させられたよ。うまく歌えなかったけど、皆にはウケていたね……」とチームメイトとのエピソードも明かした。

 希望するポジションを「サイドに張らない左フォワードだね。センターフォワードやセカンドトップでもプレーできる」と語るシュールレは「このチームのクオリティーは計り知れない。攻め方は自分に合っているし、うまく溶け込んで機能すれば絶対に成功できるはずだ」と活躍に自信を示した。

 一方、バイエルンから3年ぶりにドルトムントへ復帰したゲッツェは“新参者の儀式”はやらずに済んだようだ。「幸運にも歌わずに済んだよ。ほかの2人と夕食の配膳係をしなければならなかったけどね。こういった儀式は嫌いじゃないし、チームの雰囲気もよくなる」と話した。

 古巣復帰については「新しさと懐かしさの両方を感じている。ドルトムントが自分に興味を持っていると最初に聞いたとき、このクラブに戻れるならとにかく嬉しいと思ったね」と決断に迷いがなかったことを明かし、「とにかく最高に素晴らしいシーズンになるだろうね。僕はこの街やクラブ、チームメイトのことも知っている。ここには最高の環境がそろっているよ」と満足感を口にした。

 5年ぶりのリーグ王座奪還を狙う今季。MF香川真司とともに2010-11、2011-12シーズンの連覇を知るゲッツェは「簡単には予想できないな。シーズンは長い旅路のようなものだからね。とにかく、僕らのポテンシャルをフルに発揮したい」と意気込んだ。

 ドルトムントの新シーズンは、14日に本拠地シグナル・イドゥナ・パルクで行われるバイエルンとのドイツスーパー杯で幕を開ける。

最終更新:8月10日(水)14時31分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]