ここから本文です

英国:鉱工業生産、6月はほぼ停滞-貿易赤字は拡大し成長の足かせに

Bloomberg 8月9日(火)18時46分配信

英国の6月の鉱工業生産は前月からほぼ横ばいと停滞し、欧州連合(EU)残留・離脱を問う国民投票が実施される前に、景気の勢いが失われた状況が示された。

英政府統計局(ONS)が9日発表した6月の鉱工業生産指数は前月比0.1%上昇。5月は0.6%低下(改定値)だった。6月の製造業生産指数は2カ月連続で低下した。

経済成長は4-6月(第2四半期)に0.6%に加速したものの、改善は4月に集中。6月23日の国民投票実施が近づくにつれ慎重姿勢が増した。予想外の離脱選択が信頼感と企業活動に大きな打撃を与えたことをその後の指標が示している。

ONSによれば、6月の製造業生産指数は前月比0.3%低下。5月は0.6%低下だった。13業種中9業種で生産が減少。自動車を中心に輸送機器が落ち込んだ。

4-6月期の貿易収支は125億ポンド(約1兆6620億円)の赤字と、1-3月期の120億ポンドから予想に反して膨らんだ。純貿易の成長率への寄与がまたもマイナスとなったことが示唆された。輸出と輸入はいずれも3%前後増えた。

原題:U.K. Industry Barely Grew in June as Trade Drags on Growth(抜粋)

Scott Hamilton

最終更新:8月9日(火)18時46分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]