ここから本文です

入荷1000点以上!ビームス&もやい工藝が民藝をセレクト〈日本手仕事展〉神戸と新宿で

Webマガジン コロカル 8/9(火) 13:45配信

コロカルニュースvol.1806

2016年8月、ビームス神戸と新宿の〈フェニカスタジオ〉にて日本各地の手技や文化を紹介するイベント〈日本手仕事展〉が開催されます。

【写真ギャラリーで見る】入荷は1000点以上!ビームス&もやい工藝がいまの民藝をセレクト〈日本手仕事展〉/東京

これは「クラフトとデザインの橋渡し」をテーマに展開するビームスのレーベル〈フェニカ〉が神奈川県鎌倉市にある民藝店〈もやい工藝〉の協力のもとに開催する展示即売会。今年で8年目を迎え、入荷総数は1,000点を予定しています。これは見ごたえありそう!

〈もやい工藝〉のオーナーは、現代の民藝活動を広く紹介している〈手仕事フォーラム〉の発起人、久野恵一さん。人気シリーズ『民藝の教科書』(グラフィック社刊)の監修者としても知られています。このイベントでは、もやい工藝の協力のもとに集められた日本の民藝をフェニカのフィルターを通して紹介します。

陶器は小鹿田焼、小石原焼、小代焼、有田焼、龍門司窯、砥部焼、ガラスの器は沖縄、秋田のものなどが登場。竹や蔓、樹皮細工など、なかには1点しか入荷しないものもあるのだとか。

神奈川県鎌倉市にある〈もやい工藝〉には、日本各地から直接買いつけてきた民藝関連のプロダクトがたくさん!

今年もやい工藝がおすすめするのは、かごとざる。毎年問い合わせの多い、秋田県の中川原信一さんのあけび蔓かごは、ふっくらとした仕上がりが可愛らしいのです。

長崎でつくられているお米入れも。お米はもちろん、食品のストッカーや衣類などの小物収納としても使えそうです。存在感がありますね!

さまざまな用途のためにつくられた、手づくりのかご。こんなかごなら、ずっと大事に使いたい。

新宿のビームスジャパンにあるfennica STUDIOは、今年の春にリニューアルしたばかり。日本の陶器や漆器、雑貨、衣類が揃っています。また、ビームス神戸は関西圏で唯一fennicaの商品を扱っているお店です。ぜひチェックしてみてくださいね。

information
日本手仕事展(神戸)
会期:2016年8月5日(金)~8月14日(日)
時間:11:00~21:00
会場:ビームス神戸
住所:兵庫県神戸市中央区三宮町1-4-3 クレフィ三宮 B1F-1F
電話:078-335-2720

information
日本手仕事展(新宿)
会期:2016年8月26日(金)~9月4日(日)
時間:11:00~20:00
会場:BEAMS JAPAN 5F fennica STUDIO
住所:東京都新宿区新宿3-32-6 B1F-5F
電話:03-5368-7300(代表)※電話は音声案内となっていますので5階フロア宛てにお問い合わせください。

information
もやい工藝
住所:神奈川県鎌倉市佐助2-1-10
営業時間:10:00~17:00
定休日:火曜日(祝日をのぞく)
電話:0467-22-1822


writer profile
Yu Miyakoshi
宮越裕生
みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。

【コロカルニュース】とは?
ローカルって、楽しい。ちょっと変な事件や不思議なブーム、うわさの面白い人、イベント告知、コロカル記事の取材エピソードなどなど。愛情を込めて、コロカル視点のおもしろニュースをご紹介!

最終更新:8/9(火) 13:45

Webマガジン コロカル